広島の酒造り

広島の酒

広島の酒文化について 広島の酒ができるまで
広島の名水・酒米・酵母 広島の新しい酒「千本錦」

広島の酒コラム 〜黒田節〜
<思わず盃を重ねた? 甘露な広島酒>

「酒はのめのめ飲むならば 日の本一のこの槍を
飲み取るほどに飲むならば これぞまことの黒田武士」

宴席に華をそえる黒田節は、安土桃山時代の武将で大酒豪の母里太兵衛の豪傑ぶりを伝えています。また、広島酒のうまさをうたってもいるのです。
主君の黒田長政の命で福島正則への使いに赴いた太兵衛。邸につくなり正則に酒をすすめられます。長政から禁酒をいわれていた彼も、正則の強引な誘いに、「難題の酒ゆえ、ただでは飲み申さぬ、肴を所望仕る。」と、ついには盃をうけますが、そこは酒豪、大盃に三、四杯を軽く飲みほし、「さすが大守の広島酒、思わず盃を重ね申した。では、約束の肴を頂戴いたす。」と、まんまと天下の名槍を正則からせしめてしまいました。福島正則にしてみれば、日頃から自慢していた広島酒があまりにもうますぎて、大事にしていた槍を取られてしまったという、ちょっと皮肉なお話です。

▲PAGETOP